HOME > Days > 私のブログは同人誌に近いんじゃないかと思った時のこと

私のブログは同人誌に近いんじゃないかと思った時のこと

  • Days

このブログを公開して半年ほど経ち、今ではブログを書くことが私の趣味の一つになっています。その影響もあってか、外出先や旅行先でそんなに写真を撮らなかった今までとは打って変わって、今は「もしかしたらブログに使えるかも」と色々写真を撮ることも増えました。
そのため、自分のスマホの中には今までとは比べようもないくらい大量の画像が並ぶことになりました。写真を見ると「ああ、そう言えばあの場所に行ったな」と振り返ることができるので自分にとってもいいことかも。

さて、このブログ。
一般的なブログ指南にあるような「読者のニーズを理解した、読む価値のある記事を作成しましょう」という方向性はガン無視して色々書いているせいか、もはやここは私の自由気ままな「庭」です。
気付いた時には自分でも「あれっ、こんな庭にしたかったんだっけ?」とびっくりするくらい雑記で溢れた自由な庭が出来上がっていました。

でも私自身は正直に言うとこの庭で好き勝手に遊ぶことを楽しんでいます。

この状態と似ているなあとふと思ったのは二次創作や同人誌作成です。
私は以前二次創作にハマっており、ペンタブとクリスタで必死に絵を描いてはPixivやTwitterに投稿する、という王道パターンを爆走していました。今では漫画やアニメといった二次元作品自体に関心が無くなったのでその界隈からは離れているものの、何かに夢中になっていた時の状態は覚えています。

その時の私にとっての二次創作の原動力は「私がそれを見たいから」つまり「私のため」だったんです。例えるなら、電気が必要なので手回し充電器を使って発電し、発電したその電気も自分のために使うような。
完全に「自家発電&自己満足」の産物でした。
同人誌を作成する段階の前に二次創作に飽きたので同人誌作成までには至っていませんが、作成する一歩手前までは進んでおり、作成方法や手続きなども調べたことがあります。

あの時抱いていた気持ちは「自分の二次創作で注目を浴びたい」とか「同人誌で稼ぎたい」などのような気持ちではなく、「私のこの創作物をなんとか物理的な形にしたい」という興奮に近かったです。
恐らく、売れっ子の絵描きユーザーだとフォロワーの反応やその時の流行りなども気にすると思うのですが、完全なる個人の趣味レベルだった私はそんな市場調査をしようとも思っていませんでした。
自分の欲しいものを自分で作って満足していたんですね。

それを考えてみた時に、私のこのブログはあの時の状態と近いなと思ったんです。
というのも、世間一般のブロガーが広告収入やアクセス数を増やすために試行錯誤しながら日夜勤しんでいるのとは対照的に、私のブログは「書きたかったら書くし、書きたくなかったら書かない」という自由過ぎるノリで運用をしているブログなので、根本的にはかつて二次創作をして1人で楽しんでいた時と気持ちは同じだからです。
もっと言うと、子供の頃に親に隠れてひそかに小説や漫画を創作して布団の下や箱の中に隠しておき、後日自分だけで読み返しては満足していた時の気持ちとも同じです。

私はこのブログでも自分の好きなようにデザインを作り、自分が楽しむために文章を書き、その後自分で眺めたり読み返してみたりして「うんうん」と頷いています。

もちろん、私の書いた文章のうちのほんの些細なものでも誰かの記憶に残るのであればそれは嬉しいです。プロの作家や文筆家でもなく一介の一般人に過ぎない私が、不特定多数の見知らぬ人に自分の言葉を届ける機会など普段の日常生活にはまず存在しないので。
アクセス数に一喜一憂することはないのですが、一つの記事に何百ものアクセスがあると驚きます。

ただ、そんな気楽さで続けているこの愛すべき雑記ブログも、書くのも見るのも嫌になる時もあるんだなあ、これが。なぜかは分からんけど。
そのため先月後半はほぼ放置していました。自分でアクセスすらしていません。更新が無かったためかアクセス数がめっちゃ下がってたけど、まあそうやろな。

でもブログを更新してなかったからと言って私の現実生活に何らかの問題があったわけではなく、アルメニアやウクライナで日々をエンジョイしていました。テキトーに外を歩き回ったり本を読んだりNetflixを観たり勉強したり筋トレしたりゲストハウスの他の宿泊者と笑いまくったり好きなバンドのライブに行ったり…色々。

実を言うと、私が今アルメニアにいることを知っているのは友人2人と父親だけなんですよ。他の親類や弟にすら海外を放浪していることを話していないので、彼らは私がまだ東京であくせく働いていると思っています。
過剰に口出ししてくる親類達に「今アルメニアにおるで~」とか言ったら「あんたそんなとこで何してんの?!」と怒涛の勢いでLINEメッセージが飛んで来るんやないかな。

親類ですら知らないことを会ったこともない人々にインターネット経由で発信している今の状態はなかなかよく分からん状態ですね。でも恐らく、自分を知りすぎていない人に向かって自分を見せる方が楽ではあるのかもしれない。色々考えなくて済むので。

今年の3月からブルガリア、セルビア、アルメニア、ウクライナと滞在してきたものの、当初はこんなにも旧ソ連圏一色で固める予定はありませんでした。むしろ、最初は「ブルガリアの次はエストニアにでも行って、残りはアジア圏で過ごしたいな~」と考えていたんです。

ただ、セルビアでコロナワクチンを接種できないと分かった後は外国人観光客でもコロナワクチン接種が可能なアルメニアに飛ぶことにしました。そしてなぜかアルメニアがかなり気に入ったため気付けば現在滞在4ヶ月目に突入しています。

ウクライナにライブのために訪れた際、そこが気に入ればアルメニアの次はウクライナに長期滞在しようと思っていたものの、残念ながら私には「Not for me」だったせいでこうしてまたアルメニアに戻ってきた次第。

今月下旬にアルメニアの隣のジョージアに行ってみようとは思っているので、今年の私の旧ソ連圏放浪はブルガリアに始まりジョージアで終わりそうです。せっかくなら本場のジョージアンダンスを観たいですね。

こんなに色々な国を放浪しているんだからもっと各国の記事を増やしたいなあとは思っています。特に、あちこちの都市や街、村を歩き回っていたブルガリアについては書きたいことも載せたい写真も割とあるねん。

Netflix作品やアルメニアについての記事などもPC内には溜まっているので近々それらも放出したい。

私の自家発電&同人誌ブログなのでこれからものんびり増やしていくと思います。デザインもまた変えたいな。
年末には日本を経由せずにジョージアから直接留学先のカナダに飛ぶ予定なため、来年はカナダの記事が増えるかも。

2021/10/12追記

9月後半からアクセス数が減っていたのは更新停滞が原因ではなく、私がGoogleクローラーのIPアドレスをブラックリストに登録してアクセス拒否していたせいでした。

タグ: