HOME > Days > ThinkPadでネットワークアダプターを復元した時の方法メモ

ThinkPadでネットワークアダプターを復元した時の方法メモ

  • Days
Thinkpad

カスタマイズ注文していたThinkPadが届いたので早速PCデータの移行など行いました。
ただ、そこで「ネットワークアダプターのドライブ自体を削除する」という何とも愚かなことをしたせいで届いたばかりのPCをネットに繋がらなくさせてしまいました。

散々解決方法を調べてなんとかネット接続できるようになったのでメモがてら書いていきます。

復元までの流れ

  1. Lenovoのサポートページからドライバーのインストール
  2. PCにインストール
  3. WLAN AutoConfigのサービス開始

それでは順を追って…

1.Lenovoのサポートページからドライバーのインストール

最初はドライバー自体をPCから削除したと気づかなかったので、タスクバーのネット表示が下図のようになり周囲のインターネットを一切感知しなくなった際焦りました。

通常ならここに大量の接続可能なインターネットが表示されるのですが…
「ネットワークとインターネット設定」を開いても未接続状態です

トラブルシューティングを行うと「ネットワークアダプターが破損している」ということが分かったので同様の現象で困っている人がいないかとスマホの方で調べました。

Lenovoの「Windows 10でネットワークアダプターのドライバーを再インストールする方法」ページ通りに「デバイスマネージャー」>ネットワークアダプターを更新、という解決策をやってみたのですが何も変わりませんでした。
それもそのはずです。PC内にドライバー(中身)があれば最新版へ更新などはできますが、私はドライバー自体を消していたので製品の外箱のみが残っているような状態だったんですから。

「デバイスマネージャー」画面

その後、PCにもともと搭載されていたドライバーを削除した場合はそれを製品サポートから再度インストールすればOKということを知ったので以前のPCからLenovoの「サポート」>「ネットワークドライバーを検索してダウンロード - Windows」ページに行きました。

ドライバー検索のためにデバイス名を知っておく必要があるのですが、今回は届いたばかりのPCの箱に貼られていた購入証明書のシリアル番号を検索窓に入力しました。

シリアル番号は大文字英数字8桁くらいの番号です

遷移後のページの左メニュー「ドライバーとソフトウェア」>「ドライバーの手動更新」>「コンポーネント一覧」から欲しいドライバーをインストールできます。

ダウンロードできるドライバー一覧

2.PCにインストール

「ネットワーキングのドライバー」各種(何を消したか分からなかったので全部)をダウンロードし、USBメモリに移した後今回購入したPCにそのデータをインストールしました。

インターネットが使えないので物理的に移行させるしかないんですよね。そのため、大学の頃に使っていたUSBメモリを押し入れから発掘して使いました。
今まではクラウド保存してきましたが、非常時にはUSBメモリなどの外付けバックアップ手法も大事なんだなと思いました。

3.WLAN AutoConfigのサービス開始

移行したドライバーを管理者としてインストールしたのですが、なぜかネットが依然として繋がりませんでした。
トラブルシューティングの結果ではアダプターの設定は完了しているものの今度は「IPプロトコルスタックをネットワークアダプターに自動的にバインドできませんでした」と表示されていました。

「エラーが出たときはエラー文言をそのまま検索すればいい」ということを踏まえ、上記文言を検索にかけると私と同じエラーを解決していた「「IPプロトコルスタックをネットワークアダプターに自動的にバインドできませんでした」エラーの解決法」ページにたどり着きました。

この記事にあったようにタスクバーの検索から「サービス」を開くと確かに私も「WLAN AutoConfig」が停止していました。
ドライバーを手動インストールしたので、例えるならAmazonから届いた電化製品を開封しただけで電源ONしていなかったというような状態だったのかもしれません。そりゃ動かんわ。

状態が「実行中」となっていませんでした(停止していた)

「WLAN AutoConfig」を「サービス開始」とした後、タスクバーにインターネットアイコンが復活し接続可能のネットワーク一覧表示も元通りになりました!
長かった…

Wi-Fiやホットスポットの選択ボタンも復活しました

ただ、この後念のため再起動をかけたところ、なぜかまたインターネット接続ができなくなりました。

再び「サービス」に行くと「WLAN AutoConfig」が停止していました。「スタートアップの種類」設定を「手動」のまま変えていなかったので、PC起動の度自分でONにする設定になっていたようです。
その設定を「自動」にして適用させ再起動すると、それからは今まで通り問題なく自動でインターネットに繋がりました。

真ん中あたりの「スタートアップの種類」から変更可能です

終わりに

いやあ~参った参った。
まさか新品のPCを開封したその日のうちにネット接続不可にしてしまうなんて。

どれだけ調べても上手くいかなかった時は「はあ~もう嫌や~」と何度も天を仰いだりしましたが、ネットのおかげでこうして解決できたので今後また同じことが起きても大丈夫です。
インターネットは偉大ですな。

4年間使っていたThinkPadをそろそろ替えたくて、新年セールで半額になっていたタイミングで新しい機種をカスタマイズして注文しました。購入時には「届くまで4週間かかる」と表示されていたのですが、実際には注文した10日後に届いたのでLenovoのシステムと物流の効率恐るべし。

今も新しいThinkpadでブログ記事を書いていますが、比較的新しい機種なので動作だけでなくPC本体自体も軽いです。これなら持ち運びも苦ではないです。今までは15.6型かつDVDドライブ付きのThinkpadだったので2.2kgくらいあって重かったんですよね。

今回はDVDドライブ無しのタイプを購入した代わりに外付けDVDリーダーを買ったので今後は必要な時のみそれを使います。

今は映画館に行く以外ではNetflixのようなサブスクリプションでしか映画を観ないのでDVDを使う機会もほとんど無いのですが、ワーキングホリデーや留学の際に今持っている映画のDVDソフトを全部持っていくのはさすがに面倒なので、DVDをmp4変換してUSBメモリに保存するためにDVDリーダーを買った次第です。
数十本のDVD作品が手の平サイズのUSBメモリに収まってしまうのですから便利ですよね。

OneDriveやDropbox、USBメモリで必要なデータの移行はできたので以前のPCはデータを消して売ります。

その前のPCは物理的に破壊して処分したのですが、今回は中古PCとして買い取ってもらう予定なのでデータ削除も初期化だけではなくHDD全体に無効なデータを上書きさせるという強力な方法を使った方がいいそうです。
調べればこういうことも分かるのでやはりインターネットは偉大ですな。

タグ: