HOME > Days > 休息

休息

  • Days
翳りのあるマグカップ

この2日間は2020年最後の土日でした。弊社の冬季休業は12/30~1/3の5日間なので年内はあと2日間仕事をする必要があります。

先週もきつかったです。タスクが手から溢れている状態でも新たなタスクが追加されるので恐慌状態に陥り、嗚咽を上げながら大泣きして仕事をしていました。11月後半からずっとそうですが、もうまともには働けない状態でした。

朝起きても大量のタスクとそれに伴う処理をしなければならないことが億劫でなかなか起き上がれず、それでもなんとかPCに向かって泣きながら23~24時頃まで残業を続け、布団の中でも仕事のことを思うだけで涙が止まらないのでなかなか眠れず、そしてまた翌日を迎える…という日々です。

12/24は25時まで仕事をしていたので私の深夜残業の時間記録を30分間更新です。
先週泣きながらメモ帳に残していた心情の吐露は今読み返しただけでも苦しくなる程追い詰められたものだったので、わざわざブログに載せなくてよかったです。

そんな風に1週間過ごしていたので何をしていたのか記憶が定かではないです。
在宅勤務で家から出ない上にテレビも持っていないので世間で何が起きているのかも知りませんし、世の中がクリスマスで浮足立っていたこともクリスマスが終わってから気付きました。

私へのクリスマスプレゼントは11月分の給料でしたね。残業50時間を超えていたので残業代が弾んでいました。心身の健康と引き換えに得たものがこの残業代なんだと思うと虚しくなりますね。

ようやく土日が来ても土曜日はぼーっと抜け殻のように過ごすので「休日」として休めるのは日曜日になってからです。「少し回復したかも…」と思っても既に日曜の夜なので休み足りません。
現在日曜日の21時頃ですが、まるで土曜日の夜のような気持ちです。

退職日は1月の中旬に決まりました。年内退職を希望していましたが会社全体が慌ただしいので諦め、今の自分の案件が落ち着きそうな中旬で辞めることにしたんです。

彼からは1週間以上音沙汰無しです。仕事で忙殺されているそうなので私からは何もしません。

「仕事に追われ続けると時間のある時は寝るかゲームしかしたくない」と彼が以前話していましたが私もその気持ちが分かります。
仕事に精神をほぼ殺されかけているので、他人と関わりたくなくなるんです。「関わる気力がない」という方が正しいでしょうか。

仕事で廃人のようにやつれている時は自分の身の回りのことをするだけで精一杯ですし、たとえ少し気力が戻ったとしても、平日は人間らしい時間を送れないのでせめて土日くらいは自分のためだけに時間を使いたいんです。
彼にとってはそれがゲームで、私にとってはNetflix鑑賞やこのブログの設定調整、昼寝などです。
そこに「誰かとチャットで話したい」という欲求が入り込む余地は無いです。

案の定彼は12/25のChristmas休暇からずっとゲームをやりこんでいました。動画のアップロード時間を見ると大体深夜2~3時頃までゲーム漬けのようです。相当なゲーム好きなんだと思います。

明日も仕事ですか。心底憂鬱ですね…
ただ、先週深夜残業を重ねて少しずつタスクを減らせたので明日明後日は今までほどは追い詰められないことでしょう。
もう疲弊しているので、退職日を心待ちにしています。

タグ: