HOME > Days > 崩れたブログを修正した時の感想と反省

崩れたブログを修正した時の感想と反省

  • Days
物差し

先々週、急にブログのデザインが崩れたので色々試行錯誤して修正を試みていたのですが今日ようやく原因が分かって元に戻せました。あの1週間は一体何だったのだ…と思わざるを得ないほど単純な私のミスでした。

ブログのデザインが崩れた時

ブログのドメイン変更に伴い、php MyAdminやFTPを触ってサイトデータを移管した後しばらくするとブログのデザインや設定が崩れました。「TOPへ戻る」ボタンが消え、cssで読み込んでいたであろう見た目の設定が諸々めちゃくちゃになっていたんです。

データベースは以前のものを複製して作成し、移管後にconfig.phpを書き換えただけでデータ自体に変更は無かったはずなので不思議に思っていました。
調べるとWordPressのデザインが崩れた時は「プラグイン」「テーマ」「css」などに原因がある可能性が高いと分かったのでwp-content内の「plugins」「themes」「uploads」を更新前の状態に戻したり、カスタムcssを消したり移管前に取っておいたバックアップデータファイル全てを上書きでアップロードしたり、サーバー上のファイルを一度抹消して再アップロードなど色々試したのですが全く直りませんでした。

プラグインを全て停止しても、アップデート前に戻してもファイルを全て入れ替えても元に戻らないので「どうしたものか…」と頭を悩ませていました。

原因は私のプラグイン連携忘れだった

私はこのブログでThemeisleが提供する「Neve」のテーマを利用しています。色々なテーマを試した結果このテーマが使いやすくて気に入ったので有料版であるPRO版を購入しました。

PRO版にすると無料版NeveテーマにPRO版プラグインを追加して利用することになるのですが、ドメイン移管後はNeveのマイページに現在のサイトドメインが表示されていなかったので「もしやこれ?」と思いました。

案の定それは当たっており、一度そのプラグインを削除し再アップロードしてマイページの認証コードをプラグイン設定画面から紐づけると、Neveのマイページでも有効化されたので、デザイン崩れの原因はドメイン移管後に私がプラグインを紐づけていなかったことだと分かりました。

Neveの有料版は1アカウントで購入しさえすれば複数ブログでその有料版プラグインを使うことができます。複数のブログを運用している人には便利な機能だと思います。
認証コード有効後は「Manage your domeins」という項目にきちんとサイトドメインが表示され、ブログのデザイン崩れも全て元通りになりました。

プラグインを紐付ける前のNeveマイページ
プラグインを紐付けた後のNeveマイページ

Themeisleのオウムが可愛いです。

今回の修正を経て

プラグインやWordPress本体のバージョンアップデート後に不具合が発生したサイトの修正案件は担当したことがあるものの、その時の修正作業はエンジニアの方が担当したので自分自身で原因調査→修正という作業は今回が初めてでした。
ああでもない、こうでもないと色々な可能性を探って反映させてみては別の方法を試し…の繰り返しなので不具合調査って予想以上に時間と根気が必要なんですね…

私のブログはただの趣味なので時間がある時に色々試せましたが、業務として原因調査するエンジニアは他の通常タスクもこなしつつ不具合調査を行っていかないといけないので大変だろうなと思いました。

また、今回はドメイン変更前にデータベースとファイルのバックアップがあったので復旧作業を試みることができました。実際は今回はそのバックアップデータを使わなくても解決可能な不具合だったのですが、バックアップデータの重要性を実感しました。
これを考えると、以前のバージョンに戻せるGitの機能って便利ですね。Gitの代わりにUSBメモリに定期的にバックアップを取っていこうと思います。

完全な余談:ドメイン変更

このブログは、さくらインターネットで「saamakko.com」を取得して作成していました。フィンランド語で”蛙”という意味の単語を使いたかったからです。

ただ、後になって正しくは「sammakko」だったことに気付き「これはやべえ!!」と思い慌てて正しいスペルのドメインを取得し直しました。現在はbasic認証をかけて私しかアクセスできない状態で色々更新や調整を行っている段階(=未公開)なので良かったです。

ドメイン取得と言えば「お名前.com」が安くて有名なので、最初は「sammakko.blog」というドメインをキャンペーン期間中料金の77円/年で取得しました。「sammakko.com」はフィンランドのオンライン書店”SAMMAKON KIRIJAKAUPPA(蛙の本屋)”が実際にドメインを用いていたからです。

さくらサーバで取得する場合はドメインの種類が限られている上に1,800円/年くらいかかるので、「安く取得できて良かった~」などとその時はのん気に思っていたのですが「お名前.com」サイトの料金ページをよくよく見ると、3年目以降はさくらサーバでのドメイン更新料よりも高額になる可能性があることが分かったので解約することにしました。

ただ、1年間の契約中はお名前.comアカウント抹消をできないと分かったので、ドメイン自動更新をオフにしクレジットカード情報を削除しました。そうすれば更新時期になってもドメイン利用更新ができないので自動的にドメイン保有権が消えます(=もしそのドメインをサイトで利用している場合はサイト自体が使えなくなる)。

3年以上と長い期間利用する場合も考えるべきだった、と思いました。
このブログを何年続けるのかは今のところ不明ですが、利用期間が長くなるほどSEOにも関わるのでドメインはあまり変えたくはないですね~あとは愛着も湧きますし。

まとめ

もともと、Web制作会社で仕事をするうちに「実際に自分でWordPressサイトを作成した方がWordPressやサーバの仕組みなどを理解できて仕事で役立つのでは」と思い個人ブログを作成するに至りました。

エンジニア陣のようにプラグイン無しでゼロから実装するというようなことは出来ないのでテーマやプラグインを用いたりはしているものの、自分でphpやcssのコードを調べて記述してみて正しく表示されない際は試行錯誤して調整したり、phpMyAdminファイルを触ったりドメイン移管や.htaccess設置をしたり、Google Analytics設定などしていると少しずつWordPressが動いている仕組みを理解できてきました。Webサイトの裏側では数々の設定が必要なんですね。
ただ、自分の好きなように設定やデザインを変更できるのでとても楽しいです。

仕事だとどうしても「いや、こんな設定使いにくいやろ…」と思うようなものでもクライアント側の最終意思決定者が要望を出してきた場合はその仕様にせざるを得ないので、「これではデザイナーさんのUI設計が崩れるのに…」「これでは見辛いわ…」と内心思いつつも仕方ないので従うことも多々あります。
プロのデザイナーの意見よりも素人であるクライアント側の重役の意見を優先せざるを得ないのはより良いサイトを作りたいと思っている側からすればなかなか悔しいですね。
でも、自分の趣味のサイトなら私の好きなように設定やデザインを変更できるので気が楽です。

これからも気ままに続けます。

タグ: