HOME > Days > 仕事で自信喪失する日々

仕事で自信喪失する日々

  • Days
四角

仕事をしていると次から次へする事が降りかかってきます。忙しい日が続くと前日に処理できなかったタスクの続きをしている途中にすら新たなタスクが追加になったりするので気が狂いそうになることも多いです。

私の案件よりはるかに難易度の高い案件を抱えつつもそれらを効率的に捌いている人を見ると「自分はなんて駄目なのか」と思います。

社会人になって数年目の私と20年近く社会人をしている人との経験値には雲泥の差があることも理解していますが、やはり同じ案件を動かす際どうしようもなく差を痛感し、その人たちの足を引っ張っていることに申し訳なさを感じます。

例えば、特に効率重視の人が多い気がするエンジニア陣からすれば経験値が高く迅速に案件を回してくれるディレクターの方が一緒に仕事をしたいことでしょう。
経験値豊かなディレクターと下っ端の私とで態度を変えられる度、私は自分の存在意義に悩みます。「自分がいない方が案件がうまく回るのでは」とすら思います。彼らに案件を依頼することも躊躇してしまい、経験値の高いディレクターより初動が遅れることもしばしばあります。

仕事に追われ、ただでさえ精神的に余裕が無い時にそのような態度を取られるとますます追い詰められます。「なぜ自分はこんな思いまでして彼らのためにスケジュール調整や案件整理をしないといけないんだろう」と呆然とします。
ただ、「仕事」なのでどんなに陰で泣くことになろうが追い詰められようがどうにか対処しないといけないことも分かっています。きついです。

経験が長く、仕事の処理速度が速い人は「このような案件はこう進める」「こういう危ないスケジュールはこのように調整する」というようにそれまでの自身の成功や失敗体験に基づく膨大なデータベースを所有しているのだと思います。

私のような下っ端に圧倒的に足りないのは適切かつ最短距離の判断力です。ただ、その判断力を身に着けるにはやはり数多くの失敗を含む経験を積むしかないのだと思います。
何においてもそうですが、最初の過程は上手くいかないことばかりなので自己嫌悪に駆られることも多いですね…こればかりはどうしようもできません。

最近は「仕事が楽しい」という感覚を抱けなくなりました。そこにあるのは「逃げ出したいけど今放り出せば多くの人に迷惑がかかるから対処しなくてはいけない」という強迫観念にも似た義務感のみです。充実感や達成感などありません。

例えデザイナーの方から「デザインしやすい画面設計だった」と褒められてもそれを純粋に喜べるだけの余裕が無いです。「否定されなくてよかった」としか思えません。在宅勤務の時やオフィスに誰もいない時は泣きながらPCに向かう日も多々あります。

「私は働くことに向いてないのだろうか」などといった極端な思考回路に陥るまでは無いにせよ、きちんと社会人として働けているのか分からず自信を失くします。

ただ、恐らくこういう自信喪失体験はどの人も何らかの形で体験する通過儀礼のようなものではないでしょうか。今までも様々なことで何度も自信喪失してきたので、何とか乗り越えれば最終的には「あの時はあんなこともあった」と朗らかに思い出せるようになることも分かっています。

きっと私は今、頑張らないといけない状態にいるのだと思います。
その状態真っただ中の時はきついですが、これも精神的成長に必要な過程なのでしょう(あまりにもきつ過ぎて日常生活に支障を来し始めたら自分のためにすぐにでもそこから逃げた方が良いとは思いますが)。

つらつらと書いてみて自分の中の感情を少し落ち着けることができました。
日ごとに増えるタスクを少しでも減らすために、明日はいつもより早めにPCを起動させようかなと思います。

タグ: