言葉の抱擁

  • Days
岩とキャンドル

連休明け初日の今日。せっかくあの3日間で癒した精神が早速摩耗しました。何もしなくても私の体内から勝手に出ていく水分が勿体ないです。それを補充するのは私なんですが。

昨日も今日も首に蒸しタオルを載せて過ごしていたせいか、痛みを伴わずに首を上下に動かせるまでになりました。良かったです。

先ほど、彼から5日ぶりに連絡が来ました。
届いたのは雨垂れに濡れた何かの木の実の写真が1枚。彼からの連絡はキャプション無しの写真だけが送られてくることが多いです。それがどれも綺麗なんですよ。

今日は彼についてつらつらと。

彼はゲーマーなので趣味でYoutubeにゲームのプレイ動画を上げています。
ただ、実況動画でありがちな「プレイヤーが大げさなリアクションで喋りながらゲームをプレイする」というようなものではなく、自分の声を一切入れずにひたすらゲームプレイ画面だけを流した動画です。
知り合ってすぐにアカウントを教えてくれた時、ゲーム自体をほぼ全くしない私ですが彼の趣味には興味が湧いたので彼の配信動画の登録者の一人になりました。

知り合ったばかりの7月~8月頃、彼は毎週数本のプレイ動画を上げていました。
「ごめん、ちょっとすることがあって…」とか彼がゴニョゴニョ言う時は大体ゲームを配信していました。なんか可愛かったので「そうなん」と答えて私も自分の好きなことをしたりしていました。

その彼が8月末頃から仕事で忙殺されるようになったせいか、ここ数ヶ月間はゲーム動画を全く上げなくなっていました。

彼はプログラマーですが、辞めた同僚の分のタスクまで彼が背負うことになっていたり新人の指導係になっていたりとその頃の彼はきつそうでした。
その頃を機に連絡頻度も週に1度や2週間に1度程度に落ちました。私自身も仕事に追われて深夜残業続きの日々を送っていたので互いにあまり余裕が無かった時です。

ただ、先週頃から彼は毎日のようにまたゲーム動画を上げ始めていたので彼の中に余裕が戻ってきたんだなと思い、安心していました。
でも実際はずっと忙しいままだったようです。

彼は私が元気ではない時はいつも、どうしてそんなに心配してくれるんだと不思議に思うくらい私の体調を心配し気遣ってきてくれました。彼自身も忙しかっただろうに。

所詮は文章なので何とでも送れると分かっていても、一人暮らしの私が仕事でボロボロになって帰宅したところで癒しや温もりなど得られるはずがないので、彼のメッセージだけでも今の私には救いです。

私は元来誰かに愚痴ることがそんなに好きではないので、疲れている時は愚痴を聞いてもらうよりも何も言わずに黙って抱き締められたいです。

彼の今日のメッセージは特に、私にとっては抱擁そのものでした。彼に心配してもらえただけで、仕事で追い詰められている時とは異なる涙が溢れて止まりませんでした。

彼がどう思っているのかは分かりませんが、私は彼に会ってみたいです。
彼は今アメリカにいますが数年後は日本で働くことを希望しており、私はオーストラリアの留学生受け入れが再開し次第渡豪するので一体いつ会えるようになるのか不透明ですが…

そもそも彼との関係が何なのかも定かではないですね。
やはり1番しっくりくるのは「文通友達」でしょうか。会ったことが無い人とこんなに長くやり取りしているのは初めてなので不思議な存在です。

Enyaを静かに聴きながら書いていたらもう深夜2時です。
明日は今日片付けられなかったタスクや、明日期日のタスクなど処理するためにいつもより早くにPCを立ち上げないといけません。

恐らく明日も深夜まで残業でしょう。早くこのような毎日から脱したいです。
そして、仕事で疲れていることではなくその日あった良いことや楽しかったことを彼に話せるような日々を送れるようになりたいです。

タグ: